« のぼれども、のぼれども。 | トップページ | たんけん ぼくのまち Vol.2(晴れた日は会社を休んで~その11~) »

2009年11月 8日 (日)

そういえば昔から、ある程度までいくと投げ出す子供でした(母談)

【プロローグ】

中1の夏、1学年600人いる学校のテストで奇跡的に「2番」とゆー成績を取る。

そこまでいって、「あと1人抜いて、1番取りたいっ!」という気はまるで無し。

「俺、頑張ったな~」って満足感と達成感で勉強しなくなり、卒業の頃には、

全体の半分以下の成績に落ち着く。



中2の秋、所属していた軟式テニス部で大会に出場、奇跡的に「3位」とゆー

成績を取る。

「あと2つ勝てば優勝だったのに!」という気はまるで無し。

「俺、頑張ったな~」って満足感と達成感で部活を辞める。



被告人「よう」は、昔から何でも「ある程度」まで達すると満足して努力しなく

なる性癖の持ち主だったことが伺えます、裁判長。















本日、AM 9:00。

Sn3j0121脇野白山公園」着。

これは、帰途に撮った写真だけど、

到着から出発まで他の車はおろか

人っ子1人出会わず。

トランポおすすめパーキングです。






ここからウォームアップを兼ねて8kmほど。



Sn3j0108





二之瀬スタート地点、鳥居に到着。

2度目の二之瀬チャレンジ。

・今日は脚をつかない

・できれば30分を切りたい


の2つをタイムマシン神様にお願い。










いざ、行かん。

目指すは「庭田山頂公園」。






いきなりキツい。。。

一人旅の今日は、前にいる誰かをペースメーカーにしようと思ってたのに、

そーゆー時に限って、誰もおらず・・・(汗

マズい、簡単に心が折れるシチュエーションができてしまった。。。




トンネルを何とか通過、湧き水ポイントまでギアを1枚残そうと頑張る。




ここからが今日はキツかった。。。

湧き水ポイントを越えたら、最後のギアを使おう。そんなコトを考えてた。





そして「最後の1枚」にギアチェンジ。




後から考えれば、これが選択ミス。




それまで、速くはないけど一定のペースでクランクを回せていたのに、

ギアを落とした瞬間から、そのペースが狂いだす。

いかんっ!逆に苦しくなったっ!!

リズムが戻せない、ヤバい、さっきまでよりキツい・・・。



フラフラし始める。

でも、今日は絶対に脚をつきたくない。

今まで、「ある程度」で満足してきた自分だけど、それは相手がいる勝負

だから(と言い訳)。

今は、自分自身との闘い。タイムはもう気にしないから、とにかく脚をつかないで

ゴールまでたどり着くんだっ!



などと、「原作・脚本・主演・監督ぜんぶ自分」の一人青春ドラマを妄想して苦しさを

紛らわせる。



お地蔵さんを何とか通過。

Sn3j0113





ゴメン、今日は君の説法に

付き合う時間も、弱い心も

持ってないんだっ!

などと、ドラマの続き。

(これは帰りに撮りました)











もうすぐゴール。心臓はバクバク、汗はダラダラダラダラ。


そして・・・






ゴーーーーーーーーーーーールッ!


「庭田山頂公園」に到着。



とにかく、脚をつかないで上りきったことに達成感と満足感。

そして、それ以上の疲労感。。。でも、すごく嬉しい瞬間でした。



念のため、タイムを確認。

Sn3j0109



























・・・・・・っと、えっ?えーっと、フライトデッキのストップウォッチは狂ってる?

と最初は本気で疑った。


あまりの疑わしさに腕にしていたG-SHOCKとストップウォッチの正確性を確かめる。

・・・・・・うん、ほとんど同じだ。



どうやら本気で、このタイムで上れたらしい。












人類にとっては、たいしたことのないタイムだが、
ボクには大きな飛躍だ。












もしかすると、自分が思っている以上に脚力がついているのかもしれない。

今までただ単に、簡単にあきらめていただけなのかも。。。

(大人ホイール&2XUのタイツのおかげも、絶対にあるってば!)




頑張ってホントによかった。そう思える二之瀬チャレンジでした。

これで、22日の岩村城サイクリングにも、ちょっとだけ自信がついた・・・かな?



来年は、25分切りを目指すよ。

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

|

« のぼれども、のぼれども。 | トップページ | たんけん ぼくのまち Vol.2(晴れた日は会社を休んで~その11~) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

足をつく事なく、記録更新
おめでとうございます

でも、僕の持ちタイムを3秒余り上回る結果にはかなり悔しい。
来シーズンには一気にタイムを縮めてやろうじゃないの。
精々、地元の利を活かして練習に励むがヨロシ。

う〜ん、でも25分切りかぁ・・・
あんまり自信がない(^^;

投稿: tAkEdA | 2009年11月 8日 (日) 18時55分

今日は失礼しました。
寝たのが1時くらい起きるのが4時半・・・
目が覚めたら無意識に止めた目覚まし時計と
7時前の時間でした。
ちょっと道のりは険しいです。
(自転車乗りって早起き過ぎますよ)

いきなりそのタイムが出るなら数こなせば
25分なんてすぐですよ。
二之瀬が真冬も上れないのが残念でありません。
真冬でも走れるベンチマークになる山があればいいですけどね。
何事もモチベーションが続かないと駄目ですし。
22日はお楽しみに。

投稿: 恵壱 | 2009年11月 8日 (日) 19時29分

お疲れ様でした。

もしかして30分切ってないのは
自分とさっちーだけになってしまった?

う~ん、シーズンが終わる前に二之瀬に
再チャレンジしようかな。
昨日リタイアしたさっちーと一緒にね。

投稿: いちゃむ | 2009年11月 8日 (日) 21時40分

じゃあ次は私とさっちー乗せて
二之瀬って事で。
それで巨大シュークリーム食べるって事で。
いかがっすか?

投稿: 恵壱 | 2009年11月 8日 (日) 22時39分

うううぅ。
「プロローグ」で「期待」したのにぃ「リタイア」って(笑)
実はそんな予感がしていたのですよ、先週。
ダム前の坂でに抜かれたり、向かい風の中、平気な表情だったり。
ターゲットです!ようさんのタイムを抜くことが
今後の目標になりました。
もうこのくらい(27分後半)で勘弁してください。

投稿: らうむ木村 | 2009年11月 8日 (日) 22時39分

27分台おめでとうございます
今日は残念ながらご一緒できませんでしたが
このタイムでは行っても遥か後方に置き去りにされてました
私も湧き水ポイントまでギアを1枚残せるようになりたいです

あと皆さんの真似をしてブログ作ってみたので、お暇な時にお立ち寄りください

投稿: グラコロ | 2009年11月 8日 (日) 23時10分

こんばんは はじめまして。
いつもこっそり拝見してはポチさせていただいていましたが、今日は思い切ってコメントを!

しんどい思いをして頑張って頑張って、予想以上のタイムが出たときの嬉しさは格別と思います。
汗と涙の感動のタイムですね。
次はきっともっといいタイムがでるのではないでしょうか。


私も頑張らなきゃ!
これからもポタリングのお話を楽しみに読ませていただきます。
またお邪魔させていただきますね♪

投稿: Yuki | 2009年11月 8日 (日) 23時48分

>tAkEdAさま

ふっふっふ。。。精進しますよ~。
そして、来年の浜名湖あたりでは
tAkEdAさんを引けるくらいに。。。
(たぶんムリ・・・)

せめて、遅れを取らないだけの脚力を
つけて、皆さんについていきます・・・(汗


>恵壱さま

イヤ、コレ以上のタイムは「すぐ」には
出せんぞ・・・。
もう1枚重いギアで踏めるように頑張らねば
いけません!
いつか分かりませんが、冬季閉鎖になるのは
残念。

それにしても、ホントに自転車乗りは早起き
ですな~。


>いちゃむさん

今年のアタックはもうしなくても・・・(汗

ボクの死ぬ気アタックタイムが簡単に抜かれ
てしまう。。。

ね、今年はやめとこっ!(笑

投稿: よう | 2009年11月 9日 (月) 09時21分

>らうむ先輩

イヤイヤイヤ、ボクなんかまだまだ先輩の
はるか下のレベルです。
(まだ魔法も覚えれないレベルです。)

前々からボクのターゲットも先輩ですので、
一緒に頑張らせてください。


>グラコロさま

ようこそ、おいでくださいました。

ブログ拝見しましたが、もしかして、
グラコロさんは三重側から一度上って、
帰りにタイム計ってるんですか?

それで31分・・・。ムリムリムリっ!
ボクは1本上るだけで「ヒーヒー」です。

弥富と桑名、川(でかいですけど・・・)を
隔ててお隣さん同士、近々どこかでお会い
できることを楽しみにしています。


>Yukiさま

はじめまして、コメントありがとうございます。

つたない文章ですがこっそりじゃなく、堂々と
読んでやってください(笑

でも、実はボクもYukiさんのブログ、「こっそり」
拝見しておりました。
今後はボクも堂々と読ませていただきます。

ホントは坂、「大っキライ」なんですよ。
でも、よくご一緒させていただくメンバーが
坂も平地も速いのなんの・・・。

寒くなりますけど、お互いに頑張っていきましょう!

投稿: よう | 2009年11月 9日 (月) 09時37分

一度登った後で、もう次ぎには30分切り。
しかも27分台。

実は潜在能力はすごく高い?
坂ギライって自分で登れないって暗示がかかっていただけなのでしょう。

25分切りも近そうですね!

投稿: JimmyB | 2009年11月10日 (火) 18時17分

>JimmyBさま

いやいやいや、ボクの潜在能力なんて
深さ3cmくらいしかないですよ、きっと。

ホントにいっぱいいっぱいだったので、
25分切りは、まだまだ先です。。。

少しずつ、頑張ってみますです。

投稿: よう | 2009年11月10日 (火) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119833/32128496

この記事へのトラックバック一覧です: そういえば昔から、ある程度までいくと投げ出す子供でした(母談):

« のぼれども、のぼれども。 | トップページ | たんけん ぼくのまち Vol.2(晴れた日は会社を休んで~その11~) »