« ニワタヤマノボレ0331~曇りの日も会社を休んで~ | トップページ | 伊吹山が来る前に(晴れた日は会社を休んで~その19~) »

2010年4月 3日 (土)

伊吹山でも安心?片知渓谷!

お天気もよく、お花見日和の本日。

桜を愛でていればいいものを、なぜだかなぜだか・・・

JimmyBさんpresents「片知渓谷ヒルクライム」



17kmで標高800m超まで上る、ボクにとっては初体験標高のヒルクライム。

しかも、噂では途中15~17%が続くとゆー、あきらかにおかしなルート。

ちょっとドキドキ、でも伊吹山に出る以上、コレくらいの経験をしておかなくてはっ!

と、参加を決意。

一路集合場所の道の駅「美濃にわか茶屋」へ向かったのであります。





そして、このときはまだルートラボが正しくなかったとゆー

コトを知る由もなく・・・(汗






Img_0735

「道の駅 美濃にわか茶屋」着。

駐車台数は少なめですが、とてもキレイな道の駅です。

Img_0741

少し早めに着いたので、すぐそばの満開桜並木でお花見気分。

みんなを待ちます。



今日の参加は、JimmyBさん、けんじ!!さん、らうむ木村先輩、

TOMOさんと奥様のチエさん、まるよさん、ボクの7名。

まるよさんはお初でしたが、どうやらブルベ愛好家。

あとの方たちは今年、二之瀬で会ったりして僕ランキングで

既にバケモノ及び坂バカと認定済み。



集合した時点で、今日もツワモノに囲まれた恐ろしいサイクリングを

確信したのであります。。。



挨拶も交わしながら、さぁ出発。

片知渓谷TTのスタート地点、自由の女神像までまずは移動です。

(イヤ、TTはしませんけどね)


Img_0742

後ろ姿ですみません。

いきなり現れる自由の女神像は、ちょっとばかし異様な光景。

Img_0744

片知渓谷を経験済みのJimmyBさんより、このあと待ち受ける坂の

レクチャーを受けます。

「神社までは緩やかに上って、そこから勾配がキツくなるので、

そこからは自分のペースで上りましょう」


はい、わかりました。では出発!




神社を待つまでも無く、緩斜面であっとゆー間に突き放されます。。。





Img_0747

走ること数km。

JimmyBさんが神社で待っててくれました。

本日の主催者さまは、ココで全員を確認してから出発するとのこと。

さぁ、ここからが急勾配です!






・・・えぇ、本気で急勾配です。

誰が何と言おうと急勾配です。

正真正銘、混じりっ気なしの急勾配です。



Img_0748

わかっとるわ!

とツッコミを入れたくなる看板から、15%以上の勾配がしばらく

続きます。速度は1ケタ台しか表示しません・・・。





途中の写真はココまで。

もう写真を撮る余裕なんて無くなってしまいました。。。




もう「あとどのくらい」なんて気にすることもなく、ひたすらペダルを

回し続けます。

GPSの道案内のピンクのラインは、いつまでたっても終わりません。

すでに1人旅状態でもあり、みなさんからどのくらい離されているのかも

分かりません。




・・・と、後ろからかなり遅れて出発したハズのJimmyBさんが!

ボクを追い越しながら、「どうですか?」



「(どうですもこうですも無いってば!)

マジでキツいっす!今までで一番キツいっす・・・。

でもちょっとキモチいいです。」




あれ?オレなんかヘンなコト言ってる?

ワケの分からない勾配が、ボクをヘンにしてる??




と、JimmyBさんが「あと半分くらいです!」と不要な情報を言い残し、

「しゅぱぱ~ん!」と抜き差っていきました。




そして、ここでボクに1つのギモンが沸いたのであります。

既出のルートラボのルートで行けば、もう半分以上は上ってるハズ。

なぜ今が半分くらいなの?



答えは、しばらく先で分かりました。

GPS道案内のピンクのラインが終わりを示した先には・・・・・・

さらに続く上りがあったのです。。。




そして・・・この桜満開の季節に、が追い討ちをかける。。。

春なのに雪。。。汗ダクなのに雪。。。

すでにGPSは道すら表示しません。

どこまで続くか分からない坂道を、ひたすら上る。





そして・・・、

Img_0757

みんながいるっ!

ついにゴールです!

時間にして1時間6分。(けんじ!!さんは56分そこそこで上ったらしい・・・)

長かった・・・本当に長かった。。。




あとで分かったコト。

JimmyBさんn曰く、

「だってあそこまでしか、ルートラボで道が描けなかったもん」

・・・えっと、そういう情報は先に言っておいてください。


実際のルートは、GPデータをご覧ください。



本当のゴールは、JimmyBさんのルートラボより

距離で約2km先、標高にして約150m上にありました。


Img_0755

Img_0754

標高1,011m。

いつの間にやら、初の1,000m越えを達成しました!

いやぁ、キツかった。




雪も降ってるし、そそくさと下り、お昼ご飯へ。

その後は、ツアーオブジャパンのコースを走りに行く皆さんと

お別れし、岐路につきました。




途中、せっかくなので美濃の「うだつのあがる町並み」を見学。

Img_0759

Img_0761

一緒に走ってくださったみなさん、お疲れ様でした。

そしてありがとうございました。

残念ながら、伊吹山は距離が短縮してしまいましたが、今日の

ヒルクライムで、完走する自信はついたような、ついてないような・・・。




では皆様、伊吹山でお会いしましょう!

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

|

« ニワタヤマノボレ0331~曇りの日も会社を休んで~ | トップページ | 伊吹山が来る前に(晴れた日は会社を休んで~その19~) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまでした!
「うだつのあがる町並み」見てきたのですね。さすが。
「急勾配」の看板に同じようなツッコミ入れてる(笑)
やっぱり「坂」は楽しいですねぇ。
しっかし速くなりましたよねぇ。もう追いつけませんよ。お手柔らかにお願いしますね。

投稿: らうむ木村 | 2010年4月 3日 (土) 22時33分

おつかれさまでした。
急勾配の看板のところの勾配は笑える勾配でしたね。
1時間上りっぱなしってなかなかできないですから、また行きたいですね。

投稿: けんじ | 2010年4月 3日 (土) 23時14分

10%超えとかどんな苦行ですか。
それを延々上るコースってなかなか無いもんです。

これだけ行けるなら気が早いですが
乗鞍もエントリーですね!?
と言うか夏にはぜひみんなで乗鞍行きましょう。

投稿: 恵壱 | 2010年4月 4日 (日) 00時27分

おつかれさまでした。
後ろからひたひた追ってくる、ようさんが居たから頑張って登れましたよ!(* ̄ー ̄*)
また片知登ってみたいですね!
今度は伊吹山HCでお会いしましょう!

投稿: Tomo | 2010年4月 4日 (日) 05時06分

>らうむ先輩
お疲れ様でした!
ツッコミどころが一緒なのは、先輩・後輩だから?
速く上れるようになった最大の要因は、確実に
「大人の投資」ですよwww
先輩もぜひ!(笑

>けんじ!!さま
ホントに・・・笑うしかない勾配でした。
人間、本当にキツいと笑ってしまうんですかね?
またご一緒して鍛えてください!

>恵壱さま
自転車乗りは「ドM」が多いのでしょうか?
ゴールに着いた時は「2度と来るかっ!」と思ったのに、
下山したら「今度の休みも来ようかなぁ・・・」なんて
思ってる自分がいました。。。

乗鞍は、イベントではなくみんなでワイワイ上り
たいですね。ぜひ企画してくださいっ!

>TOMOさま
お疲れ様でした。
「ゴールまでには追いつくっ!」と思いながら、
結局追いつけませんでした。完敗です。。。
でも、前にいていただいたおかげで、ボクも
頑張れました。
伊吹山、晴れますようにっ!

投稿: よう | 2010年4月 4日 (日) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119833/34063527

この記事へのトラックバック一覧です: 伊吹山でも安心?片知渓谷!:

« ニワタヤマノボレ0331~曇りの日も会社を休んで~ | トップページ | 伊吹山が来る前に(晴れた日は会社を休んで~その19~) »