« 晴れた日は会社を休んで ~のらりくらりと、乗鞍へ~ | トップページ | 渥美半島ぐる輪サイクリング2010! »

2010年7月24日 (土)

のらりくらりと、乗鞍へ(本編)

7月22日。

Rimg0003

深夜の高速をぶっ飛ばし、

Rimg0011

恵那峡SAなどで休みつつ、

Rimg0022

AM 7:00。

ついに来たよっ!小学生以来の乗鞍へ!

4時間弱。こんなにも遠かったのか。。。



FLAT ROAD LOVERSのBUNさん、タダチュラさんと3人で

日本ヒルクライム最高峰の1つ?乗鞍エコーラインアタックです!



8月の「全日本マウンテンサイクリングin乗鞍」に向けて1度は

試走しておきたかったこのエコーライン。

距離は20km弱、勾配もそこそこ。






ま、Mt.富士や片知渓谷を経験済みの

ボクには余裕でしょう!






などとタカをくくっていたボクの鼻は、およそ2時間後に

見事なまでにヘシ折られることとなりました。



Img_1304

そそくさと支度を済ませスタート。

(初手から小径の2台を先行させるあたり、すでにダメなボク。。。)





さて、このエコーライン。

Img_1314

景色・景観が素晴らしい!

気温も暑いながらも、海抜0m地帯の我が家、弥富なんかより

全然涼しく快適!



「ふんふ~ん♪」

鼻歌交じりに順調に高度を稼いでいきます。

(この時のボク=この後に待ち受けるモノをまだ知らないバカ。)













で、快適に走ること約45分後。

10kmを過ぎたあたりからでしょうか・・・


ボクはエコーラインの本当の正体を知ることとなる。。。










このエコーライン、

Img_1361


このよーに途中、九十九折れが連発します。






そして、この九十九折れが異常にエグい。






どのくらいエグいかとゆーと、



















Img_1369


こんなカンジ。

(分かります?自転車の大きさと比較してください。)

こんなんが、次から次へと休む間もなく襲ってきます。




そうなんです。

このエコーライン、分かりやすく言うと

九十九折れで一気に高度を稼ぐヒルクライム

なんです!




富士スバルラインや二之瀬のように、まぁまぁ勾配が均一で

淡々と上って行けるコースとはワケが違う。

脚への負担が急に来るんです。






コレはキツかった。。。

マジでキツかった。。。







しかも・・・

Img_1316

二之瀬のように、先の道が遥か上方に見える。。。





「もういいじゃん、オレ。ココまで頑張ったよ・・・」

ココロの中の弱いボクが何度も囁く・・・。

本当に何度も脚をつこうと思いました。





それでも折れそうなココロをセロテープでくっつけながら、

何とかペダルを回して行きます。


Img_1325

森林限界を超え、雪渓が現れはじめる頃には

空気もかなり薄く感じられます。

富士でもこんなことは感じなかったので、かなり消耗していたんでしょう。











で、なんとかかんとか走ること1時間40分、




Img_1334

Img_1330


やったよ!おとっつぁん!おっかさん!

上ったよ!上りきったよ!

サイコーの景色だよ!

このために上ってきたんだよ!




最近の怠けた脚はガクガクブルブル、

でもそんなヘタレさを吹き飛ばしてくれるかのような絶景。



お天気が良かったことももちろんあったでしょう。

今までのヒルクライムでは味わったことの無い

達成感と爽快感。










コレがあるから、ヒルクライムはやめられない。






改めてそう思わせてくれたエコーラインでした。





一緒に上ってくれたBUNさん、タダチュラさん、

最高の日に、最高の場所に誘っていただき、

ありがとうございました。











でも・・・











あぁ・・・来月も上るのか。。。














結構、お腹いっぱいかも・・・。(汗


Img_1376

愛知県から、日帰り乗鞍は体力的に結構キツかった。。。

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

|

« 晴れた日は会社を休んで ~のらりくらりと、乗鞍へ~ | トップページ | 渥美半島ぐる輪サイクリング2010! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨年度、鈴鹿でエンヂューロ2時間に走った後に、移動して乗鞍HCって無茶した私。(苦笑

車内泊でブルブル震えながら一睡も出来ませんでした。
もう、ギリギリのアタックでしたけどねぇ。

本番は神経もピリピリしてますし、皆に引っ張られると思いますので、
意外とタイムは縮められると思いますよ!!

投稿: JimmyB | 2010年7月24日 (土) 17時12分

いやぁ~キツかったすねぇ~。
なんせ私自身10km以上のヒルクライムはお初でしたから。
でも上りきった達成感と景色の美しさに疲れが
ブッ飛びました。
タイムは遅かったですが(汗)40のオッサンが小径車で
脚着きなしで上ったという事で勘弁して下さい。
(ほんとへタレですんません)
ただ一年前のワタクシなら乗鞍を上るなんて想像できま
せんでしたから少しは進歩したのかな?と
思っております。
次は当然スカイライン!!ですよね?

投稿: BUN | 2010年7月24日 (土) 17時59分

(スカイラインのが上りはきついかもです。)
たぶんきつく感じたのは空気の薄さもあったかも。
それから運転疲れとか。
富士五合目よりも400メートル高いですからね。
空気3分の2は伊達じゃないです。

本番で本気で走ったらブラックアウトしそうです。

投稿: 恵壱 | 2010年7月25日 (日) 00時16分

おつかれさまでした~

乗鞍は全てが最高でしたね。 惚れちゃいました。
ニ之瀬ひと筋な僕だったんですが・・・浮気です。
ごめんね~ ニ之瀬

そんなニ之瀬にも22日行って来ました。
乗鞍効果か?4秒の自己記録更新です。
生涯目標20分切り目指してこれからも頑張ります。

では来月の本番頑張ってください。応援してます!!

投稿: タダチュラ | 2010年7月26日 (月) 01時04分

うおー、いい感じですね。
心が折れて、景色が良くて、きつくて、標高が高くて。
私も走りたくなりました。
本番までに取っておくか、試走するか、うずうず。
90分切れそうですね、ようさんは。

投稿: らうむ木村 | 2010年7月26日 (月) 09時06分

私も土曜日に行ってきました。
皆さんの様に速くはとても上れませんでしたが、
あのコンクリートの壁が見えるところは凹みましたねぇ(笑)でも景色はやはりすばらしい!堪能してきました。

私たちが三本滝を出たのが14:30で、天気が崩れて
雨になっちゃったのが無念でした。
やはり午前中に上らなければいけませんね。

投稿: himiyoshi | 2010年7月26日 (月) 09時23分

とても良い天気だったようですね
写真見てるだけで羨ましくなってきます
ギリギリ日帰りで行ける範囲だけどスケジュールキツそうですね
いつか車中泊で行ってみようかな
本番乗鞍も頑張ってください

投稿: グラコロ | 2010年7月26日 (月) 11時41分

>JimmyBさま
なんと無謀な乗り方…(笑
さすがJimmyBさま。と申しておきます。
最近全然乗ってませんので、タイムは
縮まるかなぁ?と不安です。

>BUNさま
お疲れ様でした。
1時間以上のヒルクライムは、なかなかできる
場所がありませんから貴重な体験でしたね。
大会前のいい試走になりました。
スカイライン…来年にします!(笑

>恵壱さま
う~ん、確かに運転疲れもあったかもです。
でも一番は練習不足でしょうね。。。
暑さに滅法弱いボクは、やっぱり8月は
オフシーズンです。
室内ローラー練で鍛えます。。。

>タダチュラさま
お疲れ様でした。
今シーズン中には、確実に抜かれちゃいそう
ですね。。。若さかぁ…。
もうボクの年齢になると、伸びしろがあまり
ないので、ちょっとクヤしいです(笑

>らうむ先輩
いい感じですよ~。
長くて、空気薄くて、エグくて…
まさしく先輩好みですっ!(笑
90分切りは目標ですが、切れるかどうか…

>himiyoshiさま
あらら、降られちゃいましたか…。
ボクは幸い天気には恵まれましたが、
あれを上るには、絶景が待っていないと
モチベーションが保てません。。。
降りそうなら…ボクは上らないでしょうねぇ…

>グラコロさま
日帰り乗鞍(エコーライン)は、かなり
キツいです。
特に仕事から帰ってきたのが12時過ぎでした
ので、そのまま向かう勢いだったのもキツく
感じた理由だったかもしれません。
スカイラインなら、またなんとか…って感じ
でしょうか。
本番はかなり不安です。。。

投稿: よう | 2010年7月28日 (水) 06時15分

一緒に茶臼山でお供したおでやんです。
おぼえてますか?

長野県側乗鞍参加されるんですよね。
僕も抽選は当選したのですが、仕事で都合が
悪くなってしまって今回は見送りです。

連休中に単独で行ってくる予定です。
でも、登山がメインなので気力次第・・。

投稿: おでやん | 2010年8月 9日 (月) 11時19分

>おでやんさま
ご無沙汰してます!
乗鞍不参加ですか~、残念です。。。
またぜひご一緒しましょう!
アウターでガシガシ坂を上る後姿を
また拝ませていただきます。

投稿: よう | 2010年8月11日 (水) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119833/35874815

この記事へのトラックバック一覧です: のらりくらりと、乗鞍へ(本編):

« 晴れた日は会社を休んで ~のらりくらりと、乗鞍へ~ | トップページ | 渥美半島ぐる輪サイクリング2010! »