« ディズニー@どまつり~ババアよ、お前の孫はロクな大人に育たんぞ~の巻。 | トップページ | 明日はきっと、どっか走りいく。の日記 »

2013年9月 3日 (火)

夢と魔法の国の「ルールとマナー崩壊」はどこまでいってしまうのか?

あー、なんだか年取ると説教じみていかんね。

Dsc_0022

夢と魔法の国へ行ってまいりました。

夏イベント最終日(と、その前日)。


イヤになるほど、お天気に恵まれて、

それはそれはヨカッタですwww






2日目は、9月2日(月)。

ボクの記憶が定かならば、一部の地域を除き、

小学生・中学生・高校生は新学期のハズ。。。













なぜ家族連れの小中学生が、

山ほどいる?

もちろん、この日が新学期初日でない人もたくさん

いるんだろう、というのは想像がつく。

でも、そうじゃない人もたくさんいたと思うんだよね。


最近の小中学校では「皆勤賞はエラい」という発想は

なくなってしまっているのだろうか?


まぁ、子供がいないボクが言ったところで、

「アンタも親になれば分かる」とか意味不明なコト

言われるのが関の山なんだろうね。


親の責任・判断の下で子供を休ませているんだろうけど、

「子供のため」というより「自分のため」

学校を休ませて来ているように思えてならない。


少なくとも、そんな親をボクは「頭の悪いバカ親」だと思うし、

そんなコト平気でできる親に育てられなくて本当にヨカッタと

思っているワケでございます。


ま、「人は人、我は我。」でいいんですけどね。









閑話休題。







前回の「どまつりディズニー」でも書いたけど、

本当にルールやマナーを守らない人間というのは

どこにでも少なからずいるワケで、

ことディズニーに関しては、そのことが対・外国人であったり

対・子供を持つ親だったり、対・学生だったり、普通に対・大人

だったり、様々な場面で不快な思いをするケースがあるワケで

ございます。



Dsc_0145


今回のディズニーランド夏イベント「爽涼鼓舞」


抽選でステージ前観賞エリアに入ることのできるこのイベントで、

当然の如く見事に抽選を外したボクらは、観賞エリア外の

少しでもいい場所でショーを観ようと、2時間前からステージ

正面の後ろのベンチで待機しておりました。

ベンチと言っても花壇の周りをぐるっと囲んでいるコンクリートの

椅子ね。




もしこのベンチに立つことができれば、人の頭が邪魔に

ならずショーを観れるのにね~、なんて淡い期待も束の間、

キャストさんが

「ベンチには決して立たないように!」

と繰り返し繰り返し、何度も何度も

「もうええわっ!分かったからっ!」

とツッコミたくなるくらいに案内していました。



ま、そもそも椅子の上に立ち上がるのは危険だし、

マナーとしても決して行儀の良いモノではなく、

そこよりも後ろの人が完全に見えなくなる訳ですから、

そりゃ当然だわな。。。などと思いつつショーがスタート。














隣にいた高校生とおぼしき姉妹が

ベンチの上に立ち上がる。



どうやら家族で来ていたその姉妹。



姉妹 「お母さん!こっちの方がよく見えるよ!」

母親 「そこ立っちゃダメって言ってたじゃん」

姉妹 「だって他にも立ってる人いるし」

母親 「(苦笑)」





おい、母親。

自分の娘がダメだと言われている

ことをやってたら注意して躾ける

までが親の責任だ。






おい、姉妹。

んじゃあ、仮に殺人を犯しても、

「だって他にも殺してる人いるし」

って言って正当化するのか?





まぁこれは極論だけどねwww



ボク自身、正直100%完璧に世の中のルールやマナーを

守れているなんて絶対に言えないので、そんな人間が

こんなコト言っても何の説得力もありませんが、少なくとも

「周りに迷惑にならないようにしよう」というつもりで生活

しているつもりです。



そんなコトも思わない人たちが増えている、

というコトなのでしょうかねぇ。。。

これがゆとりなんでしょうか?



ディズニーでルールやマナーを守って楽しんでいる皆さん、

少なくとも自分たちだけでも、これからもルールやマナーを

守って、みんながイヤな思いをすることがないように

気をつけていきましょう!


「正直者がバカを見るディズニーリゾート」

そんなのはゼッタイに間違っていますから!

|

« ディズニー@どまつり~ババアよ、お前の孫はロクな大人に育たんぞ~の巻。 | トップページ | 明日はきっと、どっか走りいく。の日記 »

Disney」カテゴリの記事

コメント

食品問題に詳しい奥野修司氏が東京ディズニーランドの食品について言う。
「たとえば『ギョウザドッグ』は、中国・青島の工場で製造された冷凍食品です。
それをワゴン内で温めて出しているだけ。
中国産の冷凍食品が何度も大きな問題を起こしていることは周知の事実。
しかも自社工場での製造でないため、きちんとした管理がされているのか疑わしい。
子供に食べさせるものとしてはふさわしくありません」
ポップコーンフレーバーは、「何種類もの香料が使われていて、それらが人体にどう影響するかわからない怖さがあります。
たとえばフライドポテトの香料をティッシュペーパーにかければ、錯覚して食べてしまうこともできるほど。
しかし安全性の臨床データが乏しく、アレルギーにつながる可能性も指摘されている」

投稿: うなぎ | 2013年9月 3日 (火) 19時06分

久しぶり。
元気そうで何より。
僕は若干故障箇所がまたでたので、少々動き難いくらいで基本はたいした事ないよ。
遅い話題だが、フルーム&スカイは安定した強さだったねぇ。
来年はどちらが主役になるか、抜けるかするんだろうけどそこら辺も注目かもね。
何しろ元気そうに過ごしてるので安心したよ。
もうすぐ誕生日だね。
40越えると何かときつくなるから、体のケアはしっかりしておいた方が無難だよ。
故障だらけの僕が行っても仕方ないがw
それじゃまた。
あ、電番変わってるからメールくれればそちらの番号伝えるのでよろしく

投稿: pul | 2013年9月 4日 (水) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119833/53130549

この記事へのトラックバック一覧です: 夢と魔法の国の「ルールとマナー崩壊」はどこまでいってしまうのか?:

« ディズニー@どまつり~ババアよ、お前の孫はロクな大人に育たんぞ~の巻。 | トップページ | 明日はきっと、どっか走りいく。の日記 »