« 片知渓谷で坂路調教。(その2) | トップページ | ニワタヤマノボレ20140528(晴れた日は会社を休んで~その27~) »

2014年5月25日 (日)

片知渓谷で坂路調教。(その3)

さて、片知渓谷の3回目。これで終わらせます!





いよいよ核心部分に突入です。

約9kmの上りっぱなしが始まります。

P1000304_2

よっぽどの剛脚さん以外は、フロントをインナーに

入れてから出発しましょう。




写真は少なめです。というか撮ってられません(汗










スタートしてすぐに10~12%の勾配が出現します。

ボクのような貧脚では、初っ端からフルインナーです。




この季節は緑が濃く、さわやかな風が吹く中ですので

気分を紛らわせながら、えっちらおっちら上り続けますが、

すでに汗ダクです。















で、この片知渓谷。










ボスは最後でなく、

ラブストーリーのように突然に、

しかも序盤にやってきます。









P1000300

この看板がクッパのいる目印。





数百mの15%区間。





この看板に「分かっとるわっ!」ってツッコミを入れた

自転車乗りは数知れないことでしょう。






4年前に行った時には

Img_0940_2


3枚の「急勾配」が並んでいましたが、現在は1枚。










自転車乗りがツッコミと同時にグーパンチをしたのか、

武士が流鏑馬で破壊したのか、理由は分かりませんwww




どちらにせよ、ボスの目印のために最後の1枚は壊さないように

お願いしたところです。







既にボクのようにフルインナーまで使ってしまっている方は、

気合いでクリアするか、押尾押しを

入れるかの2択です。


できる限り気合いで乗り切りましょう。





この時点で籠神社の「片知渓谷入口」の看板からまだ2km。

上りはあと7km続きます…orz















ボスを攻略した後は、たまにちょっとだけある緩斜面を除き

概ね7~10%くらいの勾配が続きます。


普通だと「キッツイ坂やなぁ~」と思うところですが、

ここ片知ではすでに序盤でそれ以上の勾配をクリア。


















ラクに感じるんです。

9%でもシフトアップできちゃうくらいラクに感じる。

慣れというのは怖いモンですw













P1000272

途中、トイレや休憩スペースがある所を通りますが、

お腹が痛くない限りはスルーしましょう。

お腹が痛かったら仕方ありません。休憩しましょう。



この片知は正直あまり景色が良くありませんが、この

トイレや休憩スペースがある所は若干、下界が見渡せます。

帰りに寄って達成感を味わうのも一興です。













さて、上り続けます。

思考は既に停止状態。

いつまで経っても終わらない坂地獄に迷い込んだかのような

錯覚に陥りますが、終わりは確実に近づいています。

頑張ってクランクを回し続けましょう。









籠神社の片知入口看板から7.5kmほど。

P1000295


一気に視界が開けます。

「美濃ふくべヒルクライム」のゴール地点、三叉路です。








ここで「やったぜ!ゴールしたぜっ!」

と思って終了するのもアリだと思います。


車もほとんど来ませんので、ど真ん中に寝そべって

空を眺めながら達成感に浸るのもいいでしょう。

何せヒルクライムレースのゴール地点なんですから。





ルートラボで普通に引けるのも

ここまでです。

勘違いしても仕方ありません。









でも三叉路です。曲がる道があるんです。

しかもヒルクライムレースをしているワケではありません。

今は坂路調教
をしているのです。

三叉路を右折したその先には、

さらに続く坂があるのです。

坂の途中で調教は終わりません。




ただし「通行止」の看板がありますので、自己責任で。











さ、上り続けます。







ここから先の道は、路面はそんなに悪くありませんが、

通行止めになっているだけの理由があります。











P1000285

P1000284

P1000281



落石に注意しながら進みましょう。













P1000291


途中、下界が見渡せる場所があり、

ちょっとだけLIFEが回復しますので、それを頼りに

最後のひと頑張りです。














そして三叉路から約1.5km。


P1000276

「郡上市」の看板。

ここがホンマモンのゴール!







P1000278

P1000279

標高1,011m。頑張って上りました。

こっから先は登山道ですので自転車は無理。

しかもココは下界が全く見渡せませんので、そそくさと

退散し、少し下ったところで休憩するのがおススメです。











そんなこんなで長くなってしまった片知渓谷坂路調教日記。

なんとなくお分かりいただけましたでしょうか。



ツアー・オブ・ジャパン(美濃ステージ)と同じルートも

走りますので、まとめて楽しむのもいいかもしれませんね。



「片知渓谷で坂路調教(その1)」
に乗せたルートラボは

GPSデータから切り出していますので、最後まで引けています。

行ってみよう!と思う方はぜひご活用くださいませ。

そして頑張ってクリアしてくださいっ!








以上、片知渓谷のご案内でした。














あ、下り切ったとこでお久しぶりのタダチュラ君に遭遇。

ノーマルクランク&コスカボで上っちゃったとか。。。アホですねw

P1000305

|

« 片知渓谷で坂路調教。(その2) | トップページ | ニワタヤマノボレ20140528(晴れた日は会社を休んで~その27~) »

自転車」カテゴリの記事

コメント

すごい峠ですね。
川浦渓谷へ板取川沿いを行く途中で「こっちが片知渓谷か~」と
思ったことはあります。
大多賀は登ったことが何度かありますが傾斜が
比ではないですね。
いつか行ってみたいです。
あ、美濃市観光ふれあい広場駐車場は使わせてもらいますね。

投稿: ポン太 | 2014年5月25日 (日) 16時54分

>ポン太さま
観光ふれあい広場、なかなかいいでしょ?www

大多賀クリアしているのでしたら、片知は行けますよ!
最後に急坂が待っている大多賀に比べ、序盤の脚があるうちに
ボスを攻略しますので、その意味では大多賀のほうが
キツいかもしれません。
ぜひ行ってみてください!

投稿: よう | 2014年5月25日 (日) 17時51分

最初片知渓谷3本上ったと思ってビビりました^_^;
僕も久しぶりに行きたかったな~

土曜日にカワァイさんに遭遇してから頭がおかしくなったみたいです^_^;

投稿: ひらさん | 2014年5月25日 (日) 19時44分

>ひらさんさま
片知3本 ← それ絶対ムリだし。。。

tAkEdAさんも、さっちーも、恵壱さんも
ひらさんも、みーんな変態ですがwww
カワァイさんはそのさらに上を行く
超ド級の変態ですからね。次元が違います。

投稿: よう | 2014年5月26日 (月) 10時27分

一般人ですよw

皆さん平坦愛に反してます!
勾配は10%まで!w

投稿: カワァイ | 2014年5月26日 (月) 21時50分

三部作 お疲れ様でした
無事に富士HCの前に完結ですね
…っていう僕もスズカもまだスタートしていませんが(笑)
しっかし片知渓谷、前から興味がありましたが恐ろしいとこなんですね、行かなくてよかったわ(^^;;
…ってか、今の僕では登れません
高血圧を直して調子をもどしてからチャレンジしたいです(^O^)

投稿: スーパーhiroちゃん | 2014年5月26日 (月) 22時30分

片知懐かしいですね~~
富士HCがんばってください(^_^)v

投稿: Tomo | 2014年5月27日 (火) 09時47分

どうもアホです( ´ ▽ ` )
僕も変態の部類に入れるよう頑張りますw

後輩が死にそうだったのでゆっくりですが2人とも郡上市看板まで登れました
今度はTTしに行ってきます
女神〜郡上市までの目安タイムとかあるんですかね?


投稿: タダチュラ | 2014年5月27日 (火) 16時51分

こんにちは。
「急勾配」はツッコミたくなりますね(笑)

しかし坂路調教という名の通り、10%以上の勾配を9km...それも進入禁止ゾーンまで入って...僕のような素人には何年たっても絶対に真似出来ません(笑)

投稿: ベアさん | 2014年5月27日 (火) 17時09分

>カワァイさま

あなたが一般人なら、世の中の自転車乗りの
9割以上は一般人になっちゃいます。
目指す目標が全然違うので、一緒にするのは
恐縮ですが、Mt.富士頑張りましょう!


>スーパーhiroちゃんさま

ボクもまだ茶臼山の日記が…(汗
このままスルーしてしまいそうですw

hiroちゃんなら今でも普通に上れますよ!


>Tomoさま

ご一緒したの懐かしいですね~。
最後までTomoさんの背中を追っていたのを
今でも覚えています。
結局追いつけませんでしたが、今なら遥か
先で見えなくなってますね。。。orz

投稿: よう | 2014年5月27日 (火) 17時26分

>タダチュラさま

女神から郡上市看板までのTTは分からないけど、
核心部分を使う「美濃ふくべヒルクライム」の
タイムが出てるので公式HP確認して参考に
してみては?

ボクは自分が遅すぎて参考にもできませんでした(汗


>ベアさんさま

最初はみんなそう思うんです(笑
でも、夏は涼しい山方面へ、絶景を見たくて、
ヒルクライムの達成感etc…
坂を上ってしまう(上らざるを得ない?)理由は
山ほど出てきます。

ベアさんも時間の問題ですよ~www

投稿: よう | 2014年5月27日 (火) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119833/56306694

この記事へのトラックバック一覧です: 片知渓谷で坂路調教。(その3):

« 片知渓谷で坂路調教。(その2) | トップページ | ニワタヤマノボレ20140528(晴れた日は会社を休んで~その27~) »