« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月29日 (日)

54のジャージ。

えー、本日20時をもちましてFRLジャージVer.3の追加オーダー

締め切らせていただきました。



今回は15名の方から計17着のオーダーをいただきました。

本当に感謝感謝でございます。

責任もってお届けしますので、今しばらくお待ちくださいませ。



前回制作した初回オーダー37着と合わせると実に54着のVer.3。

学校で1クラス余裕で作れるぞwww


神奈川・大阪・兵庫など東海エリア以外の方からもオーダーをいただき

過去の制作と合わせて10都道府県にFRLが広まることになります。

(愛知・岐阜・三重・東京・神奈川・静岡・滋賀・福井・大阪・兵庫)











あと37都道府県で全国制覇じゃwww























さて、次は何作って遊ぼうかね?(←どこに予算が?w)


















 

Ut_frl_finish


安いのでこんなのも考え中ですけどね。いつ着るんやっちゅーのw



もし、FRLマーク使ってUT meでオリジナルT作りたいとゆー方が

いらっしゃいましたら、大きなサイズのマーク画像差し上げますので

自由に作ってくださいまし。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

【7月13日(日)実施】 何枚だ?千枚田!サイクリング

鈴鹿8時間エンデューロFRLチーム参加募集は → こちら








週末に来るだろう台風の影響を考慮して

13日(日)の実施に確定させていただきました。










えー、梅雨が明けるか?明けないか?

たぶん明ける直前なんだろうなぁ~って時に

サイクリング企画しちゃいました。













三河の山ん中へ突っ込むよん。

「田口線跡を抜けて千枚田へサイクリング」

結構みなさま行っている場所のようですが、ボクは未経験。

で、実家に帰る予定もあるのでそのついでに、と思ってFBに

予定だけアップしたら、

何とっ!超人気ブロガーで三河ジモティーなエロファンキー

 Korashoさんに参加表明いただきました!

浜松のFRL、isisiさんも来れるかな?

スーパーhiroちゃんもマジで来れるのかな?



で、ついでなんでルートもご教授いただいちゃいましたので

それをそのまんま行きたいと思います!

ジモティーさん、ありがとー!




日時:7月13日(日) AM 8:00 START 




前日の天気予報で、降水確率50%以上は自動的に中止、

40%はちょっと悩み、30%以下は決行します。

ま、中止の場合はどちらにしてもブログUPします。

自己判断で行く方は頑張ってくださいませwww





集合場所:くらがり渓谷キャンプセンター駐車場

※無料の大駐車場です。なるべくひっそりと、隅っこの方に停めましょう。



予定のルートはこちら(ジモティーさん・作)

夏ライドですので全部で100kmと、無理のないルートを引いて

いただけました。

当初は三河湖を通過するルートでしたが、茅葺屋敷が

閉鎖するなど、あまり意味のないルートになってしまったので

田口線跡をどんどこ設楽まで進むルートに変更です。



ま、いきなり田原坂から始まるのはご愛嬌w







ご興味のある方は、ぜひご一緒しませんか?

FRLジャージ持ってるかどうかは、もちろん不問ですよー。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

【Flat Road Lovers】 その由来とマークについて。

FRLジャージVer.3 追加オーダーのご案内は → こちら











●本気で坂ギライな人。



●坂はキライだけど、日本の国土の7割が山林なんだから

上りたくなくても仕方なく上るしかないじゃん!って人。



●周りに坂ギライと油断させておいて、「しゅぱぱ~ん!」って

行きたい姑息な人w



●何らかの理由で「坂が好き!」ってコトを隠したい人。






そんな愛すべきサイクリストを「Flat Road Lovers」

勝手に名付け、「なんとなくチームっぽいもの」が発足したのが

約4年前。






繰り返し書いていますが、もともとは名古屋市と豊田市の間を

つなぐ「猿投グリーンロード」の「6%・1kmの坂」でさえも

押し歩きしなければ上れない超貧脚だったボクが、

「だったら『坂嫌いです、上れません』ってアピっとけば、

周りの自転車乗りが優しい目で見てくれんじゃね?」とゆー

安直かつ超短絡的な理由で「山岳禁止・10%の坂禁止」

マークを作りジャージに入れたことが由来、なんだと思います。

たぶんねw







今では多くの方に、この趣旨にご賛同?いただき、

50着を超えるジャージが東海エリアを中心に、関東・北陸でも

走っているハズです。本当にありがたいことです。






こんだけ多くの方にジャージを所有いただいているにも関わらず、

正式なチームとしての体裁は整えず、練習会なんかもせず、

「あまり実体のない、精神的サイクリングチーム」として

存在させているのは、




全ての平地を愛する自転車乗りに

門戸を広く開放しておきたい
















なんてゆー意味はまったくなく、


単にボクがメンドクサいだけw























さて、すっかりお馴染み?になったFRLのマーク。


44mm



道路標識をパクった、とお思いの方が多いと思いますが、

半分はその通りですが、半分はそうではありません。







「10%表示」や山岳マークの中にある「ニョロニョロ矢印」は

道路標識を参考(←あくまでwww)にさせていただきましたが、

道路標識とは決定的に違う部分があるのが分かりますか?















Photo



例えばコレが道路標識の「禁止系マーク」








もうお分かりですね。




禁止系道路標識は図案の色が「ブルー」であり、

図案が「斜線の上に来る」ようにデザインされているんです。


細かいコト言えば、円の太さも大外に細いラインがあるのも違い。













じゃあ、何をモチーフにしたか?













ボクは職業柄、公共施設などにある、いわゆる「案内看板」に

触れる機会が多いんですが…


そうです。世の中の至る所にある「案内サイン」をモチーフに

しているんです。













公益財団法人 交通エコロジー・モビリティ財団、という所が

バリアフリー事業の一環として、「標準案内図記号」というものを

発表しています。



公共施設や商業施設などで利用されるアイコン的な案内サイン。

その中の「禁止事項」を示すマーク。例えばこんなの。


2



これをFlat Road Loversのマークに利用させていただきました。





最初は道路標識をパク…モチーフにしようと思ったのですが、

FRLのマークを道路標識の方法でデザインすると、

斜線がほとんど無くなってしまい、何か分からなくなる。




そこでこっちの方法でデザインし直したら、あら?いいんじゃね?

ってすごく簡単に出来上がりました(汗

実際のトコ、制作時間は30分もかかっていないと思う。。。w









ま、んなコトどーでも

いいんですけどねwww










こんな簡単に作っちゃったものが、今ではとても多くの方に愛され?

皆様の拡散(=ライド)のおかげで、愛知県ではちょっぴりだけど

認知されつつある(精神的)チームにまで発展しました。




皆様のおかげです。本当にありがとうございます。

今後もこの「山岳禁止」のマークを愛してやってください。







さて、Ver.3ジャージの追加オーダーも無事、

アップチャージ無しの枚数に達しました。

Ver.3だけで合計50着を超えそうな勢いで感謝感謝です。



あくまで精神的サイクリングチームではありますが、

いつか、みんなで1回くらい走りましょーね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年6月17日 (火)

【Flat Road LoversジャージVer.3】 追加オーダーのご案内。

坂ギライの坂ギライによる坂ギライのための

実体のほとんど無い精神的サイクリングチーム

Flat Road Lovers (通称=FRL)








今年の1月に制作をした第3弾ジャージは

実に37着ものオーダーをいただき、現在東海地方を中心に

このジャージを着たサイクリストがウロウロしているハズですwww

Frl_ver_2



ありがたいことに、その後も「欲しい!」というお声を

何人かの方にいただいておりますので、

追加オーダーを受け付けたいと思います。





長くなりますが以下の内容を最後まできちんと読んでいただき、

ご理解いただける方のみオーダーをお願いいたします。




<絶対条件>

自転車のルール・マナーを守っていただける方

FRLジャージを着たサイクリストが「マナーが悪い」という印象を

持たれないよう、最低でも以下の事が守れる方のみご注文ください。

●サイクリングの時は、必ずヘルメット着用

●道路の逆走は、危険回避等やむを得ない場合のみ

●どんな道であろうと、誰もいなくても信号は必ず守る

●歩道を走るときは絶対に歩行者優先

まぁ、当たり前のことですね。







自転車のルール・マナーを守っていただける方でしたら、

面識の無い方でもオーダーはお受けいたします。







さて、ここからご注文方法です。



【料 金】 



※6月21日現在で9着以上のオーダーがあり

料金が\11,000に確定しております。




合計注文数が4着まで  \13,000(税込・1着)+着払い送料

合計注文数が8着まで  \12,000(税込・1着)+着払い送料

合計注文数が9着以上  \11,000(税込・1着)+着払い送料




ここもご理解いただかなければいけないことがいくつかございます。

今回は追加オーダーですので発注数により値段が異なります。

詳しくはジャージ制作会社ValetteさんのHPをご覧ください。

また、前回制作時より消費税分が必然的に値上がりしています。

更に、ジャージ制作費に加え、私からValetteさんへの振込手数料や

私の自宅までの送料などをご負担いただいた上で、端数を

切り上げさせていただいております。


なお、初回制作時は「Valetteさんでの縫製用データ制作費」

というものを皆様に応分でご負担いただきました。

今回は追加オーダーでそれが必要ありません。本来であれば

増税分を差し引いても9着以上のご注文なら少しだけですが

安くすることが可能です。

しかし、それではたった5ヵ月前に初回で注文いただいた方に

申し訳ないと個人的に思っております。

ですので、申し訳ございませんが最低価格を初回ロットと同じ価格と

させていただきました。


これにより、正直私には1着あたり数百円の儲けが出てしまいますが、

それを「手間賃」と思っていただければ幸いですし、もしご理解

いただけないようでしたらご注文はしないようお願いいたします。







【サイズについて】

過去記事に採寸したものがございます。こちらでご確認ください







【ご注文方法】

以下のテキストをコピペいただき、下記メールアドレスまで

ご連絡をお願いいたします。

=============================================

●ブログにコメントいただくHN : 

●本名(ふりがな) : 

●注文内容 : ジャージ(サイズ: )  着

●携帯TEL : 

●連絡の取れるメルアド : 

 ※フリーメールの場合は、こちらからのご連絡が迷惑メールに

  振り分けられる可能性がありますので各自ご注意ください。

●発送先住所 : 〒

=============================================

お手数ですがお知り合いの方もすべてご記入の上メールを

お願いいたします。

※名入れについては申し訳ございませんが対応いたしません。


<ご注意>

ご注文確認の返信メールやお支払い・ジャージ発送など

すべてのご案内は、下記メールアドレス(Gmail)から行います。

必ず受け取れる設定にしてお待ちください。







【送信先メールアドレス】

flatroadlovers★gmail.com







【ご注文受付期限】


6月29日(日) 20時到着分のメールまで







【お支払方法】


事前の銀行振り込のみお受けいたします

※6月29日の注文内容確定後、皆様に確定金額と振込先銀行口座を

 お知らせいたしますので、7月7日(月)までにお振込をお願い致します。

 振込手数料などは申し訳ございませんがご注文者様がご負担くださいます

 ようお願いいたします。

【お届け】

7月10日頃の発注後、Valetteさんの通常スケジュールで行けば

8月10日前後に私の自宅へ納品となりますが、お盆もありますので、

8月いっぱいでの納品くらいをお考えいただければと思います。

もちろん、早く納品された場合には速やかにお届けいたします。

また、混み合っている場合は遅くなることも考えられますので、

その場合は速やかに皆様にご連絡させていただきます。







【その他】


通販のプロでも何でもないただのリーマンが趣味の

延長上で行なってますので、多少連絡が遅くなったり、

不手際があるかもしれませんが、責任持って制作いたしますので

少しはご安心くださいませ。




その他、ご不明点がございましたら、コメント残してください。

また、仕様などに変更がある場合は、速やかにこのblogにて

ご連絡いたします。



長文をお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、よろしくお願いいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

非国民と言われようが、蕎麦が食いたいものは食いたいんじゃっ!サイクリング。(その2)

さて、非国民(ry サイクリングの続き。




川浦渓谷を後にし、お昼ご飯の待つ郡上を目指します。



昨年の秋まで土砂崩れのため通行止めだった県道52号

「白鳥板取線」を走ります。

Wikiで確認したところ、実に7年ぶりの復旧だそうです。



このルート、地図には載っていませんが2つの峠を越えます。

1つは「西峠」と言うらしい。

もう1つは「黒田(くろんだ)峠」と言うらしい。



板取側からは、まずは「西峠」を目指します。


川浦渓谷から5kmほどは緩やかに上昇、

そこから約3.5km・平均8%ほどのヒルクライムです。





九十九折れが始まったとたん、

ひらさんは、あっという間に見えなくなりました。。。orz



Dscf0036



道は素晴らしい。

標高が高くなってきているので風も爽やかだ。





















しかしボクは尋常じゃないほど汗ダクで、

ちっとも爽やかじゃない。












Dscf0037


見える景色や九十九折れの状況から、なんとなくですが

ミニミニ乗鞍のようなイメージ。

そんな中を、えっちらおっちら上る。

勾配が緩くなることはあまりなく、コンスタントにずっと

8%くらいが続いてる感じです。












で、

Dscf0038


「郡上市」の看板。ここが「西峠」と言うらしい。

暑さなのか、単にヘタレなのか。マジでキツかった。。。







この時点で、

「郡上から先にあるオプション峠は
ヤメにしませんか?」

と、ひらさんに提案。

心優しいひらさんは、快くこの申し出を受け入れてくれた。

ありがとう、ひらさん。











少し休憩して、一旦下ります。



すぐに上り返しますwww




でも今まで程の勾配は無く、ひらさんもボクのペースに

合わせてくれ、会話を楽しみながら上る。





このルートの最高到達点、標高900m弱。

ここから2kmほど「ほぼ平坦か微妙な下り」があり、この区間は

最高に気持ちの良い風と景色を楽しみながら走れます。

やっぱ暑い時は高いトコ来るのが1番。










さ、続いて「黒田(くろんだ)峠」へと進みますが、

まずは2kmほど下らされる。。。


この下りがエグい。








Dscf0040

ルートラボで見たら、2kmの平均勾配が「マイナス10%」以上。

カワァイさんや恵壱さんには、ぜひ郡上側から上ってもらいたいw














先程、ボクの「オプション峠中止プラン」に賛成いただいた

ひらさんは、やはり物足りなさを感じていたのかもしれません。

その鬱憤を晴らすべく、

Dscf0042


ちょっと下まで行って、上りかえしてきたwww

このあたり、GARMIN計測で15%あるんですけど。。。








マイナス10%以上の下りの後は、1.5kmほど上ります。

ここものんびりのんびり会話しながら。

Dscf0044

何度も言うけど、道は本当に素晴らしい。

風も爽やかだ。







で、

Dscf0046

「内ヶ谷トンネル」に到着。

どうやら黒田峠はここから旧道を少し上ったところにあるそうですが、

そんな気力もなくトンネルを通過。あとは下るだけです。




Dscf0050


景色が本当に良いです。

Dscf0053_2


道路とガードレール以外は、眼下にも全く人工物がありません。


キツいのは分かっちゃいるんですが、こういう景色を見ると

何度も足を運びたくなってしまいますね。









標高が低くなってくると真夏の暑さ(汗

郡上八幡までダッシュ。

さすがに日曜日、W杯・日本戦があったとは言え、

多くの観光客で賑わっていました。



さ、お昼ごはんだお昼ごはん。









Dscf0056


4月にオープンしたばかりのお蕎麦屋さん「俄」です。


ひらさんもボクも「二八蕎麦・大盛り」をチョイス。




Dscf0058


二八蕎麦・大盛り。¥1,300なり。



運ばれてきた時は「あれ?大盛りでこんだけ?」と思いましたが

食べ始めるとなかなか減らない。

びっしりと盛ってあって、食べごたえ十分。

コシもしっかり、蕎麦の風味もきちんとあって、ホントにおいしゅう

ございました。

「豆乳汁」ってのが一緒に付いてくるんですが、これも絶品。




ボクのおいしい蕎麦屋さんリストに登録決定です。

また近いうちに来たいですね。









そのあとは、ちょっとだけ郡上八幡を散策。



Dscf0061


郡上八幡の水で作ったサイダー飲んだり、

「宗祇水」に立ち寄ったり。


Dscf0068


観光雑誌に必ず載ってる「やなか水のこみち」に寄ったり。



フラペの自転車で来て、のんびり回るのも楽しそうですね。

うん、また来よう。









さ、美濃市まで帰ります。



Dscf0073


長良川沿いの細い道は車通りも少なく、下り基調。

日陰多めでいいですね。

20~25km/hくらいの、tAkEdAさんがいたら発狂しそうな

のんびりポタリングペースで帰りました。






お付き合いいただいた、ひらさん。

どうもありがとうございました。





ボクの住むインターナショナルKINGYOシティ・弥富からは

さすがにトランポしないとキツいので、なかなか来ることは

できませんが、真夏のサイクリングには良いコースだと

思います。

近々、も1回くらい走ろうと思います。

ご都合のつく方はぜひ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

非国民と言われようが、蕎麦が食いたいものは食いたいんじゃっ!サイクリング。(その1)

えー、日本中がTVにくぎ付けになったであろう日曜日。















Dscf0002

AM 7:00に美濃市の駐車場におりましたwww



非国民の烙印を押されようが、

天気の良い休みには

自転車に乗りたいのだ。







とゆーワケで、ひらさんと2人で

川浦渓谷と、郡上で蕎麦が食いたいぞ!サイクリング

に行ってまいりました。




美濃は片知渓谷しか行ったことが無かったのですが、

いろいろな方のBlogを拝見すると、サイクリングに適したルートが

いくつもあるようで、特に板取川沿いを北上するルートは

人気のようです。





今回のルートはこちら。






美濃市のうだつの上がる町並みあたりから板取川を北上、

絶景と噂の川浦渓谷(かおれけいこく、と読みます)へ。


その後、土砂崩れで昨年の秋まで通行止めとなっていた

県道52号を使って郡上八幡に行きます。

4月にオープンしたばかりというお蕎麦屋さん「俄」で昼食。


後述しますが、本来はこの後に低めの峠を2本行く予定でしたが

2対0の満場一致でキャンセルwww

そのまま長良川沿いを南下して戻ってくるルート。




結果的には非常に走りやすくて、キツくて楽しいルートでした。






さて、まずは板取川を北上します。

川浦渓谷までは約45km。




Dscf0005



板取川では鴨川の恋人たちのように等間隔で鮎釣りをしている

人たちがいました。



こんなに鮎釣り人口って多いの?って思ってると、

河原に「SHIMANO」のテント。

あとで調べてみたら、「JAPAN CUP鮎釣り選手権 中部大会B」

とゆー地区予選的な大会が開かれていたらしい。

どーりで多いワケだ。








今回はMt.富士以降、2週間乗ってない状態でしたので、

あくまでポタリングペースでのんびり走ろうと計画。








剛脚のひらさんに前に出られたら

確実にペースが上がってしまう。。。(汗







そんな思いでペースが上がらないように前を牽きます。

この作戦が県道81号線までは通用したのですが、

国道256号線に入った頃から、

ひらさんが前に出たがる。前を欲しがる。



Dscf0009



明らかにボクのペースが遅くガマンできないのでしょう。

しかしボクは、車が来ないことを確認して、さも会話したいそぶりを

見せながら並走。そして前を奪い返す。



ひらさんは、このボクの作戦に気付いていないよう。よしよしwww





そんなツールでも通用しそうな作戦を展開したこの国道256号線から

その奥の県道52号線は「あじさいロード」と名付けられ、

道路沿いにあじさいがたくさん植えてあります。

時期的にはもう少し先が見ごろのようですが、部分的には見頃を

迎えている所もありました。



Dscf0012


「ひらさん、今日はポタリングなんですからこういう所は

立ち止まって、楽しんでいきましょう!」





何かと理由を付けて休憩したがるボクの作戦に、

ひらさんは「引っかかっていた」のか「引っかかってくれていた」

のか定かではありません。




そんな休憩を入れながら、さらに奥へと走っていきます。

このあたりは日陰になる場所も多く、車通りも少ない(W杯だから?)。

スタートを早くしたおかげで気温もまだ20℃くらいと、

ひらさんが前に出てペースを上げない限りとても快適に走れましたw













で、走ること約45kmほど。

県道52号線を少し逸れて川浦渓谷へ向かいます。



案内看板はたまにあるものの、周りには何もなく

人もいない。自然の音しかしない道を走るのですが、

1人で走ってたら「ホントに合ってる?」と不安に思ってしまう

ことでしょう。
























Dscf0026


合っていました。到着!







ここは眼下に広がる自然の創った壮大な景色を見下ろす渓谷。






Dscf0033


こんな写真を何枚か撮りましたが、

写真ではその凄さは1%も伝えきれません。



ぜひ皆様に実際に見てもらいたい場所です。

紅葉の時期はさらに良いとの噂なので、秋になったらもう1度

訪れてみたいと思います。(その前にも来るかもしれんが。。。)










さて、川浦渓谷でマイナスイオンをバリバリ浴びたあとは、

郡上へと向かうため、ちょっとだけ上りに行きます。







長くなったので続く。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

【2014年11月15日(土)】鈴鹿8時間エンデューロ秋SPに参加しま専科?

えっと、まだまだ先の話ですが

1か月後に募集開始なのでご案内。













Dsc04344

Dsc04337


2014年11月15日(土)

鈴鹿8時間エンデューロ秋SP





Flat Road Loversで

「4時間エンデューロ」に

参加しませんか?










普段一緒に走ってくださる方の中には、すでに参加予定の方も

いらっしゃいますが、それ以外の皆様もいかがでしょ?





ガチで走るチームもあれば、仲間でまったり走りたいだけのチーム、

女性サイクリストを見つけては後ろに張り付く変態チームwww、

終了後の打ち上げだけが楽しみのチーム etc…

いろいろあって良いと思います。(あ、変態はダメか。。。)











Dsc04331


多くの方にFlat Road Loversのジャージを購入いただいたので、

1つのピットに同じジャージが大挙して、それぞれの目的で

楽しめたらいいな~。

なんてジャージ制作者のささやかな想いだったりしますw

(ホントはFRLジャージうじゃうじゃの光景を見てみたいだけwww)




言い出しっぺですので、早朝ピット争奪戦は責任持って参加いたします。

(大きくスペース取る場合は、だれか手伝ってね m(_ _)m )




普段走ってる仲間で1チーム作れるなら、それで参加するのもOK。

そんなにFRLジャージが集まらん!ってコトなら、ボクの方で

参加目的を取りまとめて同じレベルや目的の方でチームを組む

こともさせていただきます。

FRLジャージ持ってないけどココで参加したいっ!ってんなら、

希望があればジャージの追加オーダーも検討中です。





FRL特急、FRL急行、FRL普通、FRL変態

FRLのぞみ、FRLひかり、FRLこだま、FRL変態

FRLガチ、FRLそれなり、FRLまったり、FRL変態

うん、そんな感じのチーム分けかな?4チームも作れたら御の字やね。






募集開始直前に、改めてお誘いブログをUPさせていただこうと

思いますが、とりあえずご案内。







もう参加する予定って分かってる方もいらっしゃいますが、

もしご興味がある方はコメ残していただけると嬉しいです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

【6月15日・確定】 川浦渓谷&郡上で蕎麦ライド

うん、いろいろ悩んだけどコレにする。






川浦渓谷と郡上へ。


郡上以降の峠はオプション扱い、脚次第。




川浦渓谷と郡上の古い町並みで、ちょっとのんびりしたいので

スタートは早めに。

AM 7:00 美濃市観光ふれあい広場駐車場 START



今月はMt.富士HCしか走ってないので、

のんびりまったり走ってきますです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年6月10日 (火)

富士フイルムの対応は神か否か?

富士フイルム。




言わずと知れた大企業グループ。

カメラやらOA機器やら化粧品やら、説明はWiki参照www

「富士フルム」ではなく「富士フルム」であることは

有名でもあり、豆知識でもあり。。。






ボクは決して嫌いな企業ではない。

むしろ、若干好きな部類の企業である。



理由はただ1つ。


















その昔、ボクの永遠のアイドル

南野陽子をCMに起用していたこと。





ヨメには絶対に内緒だが、

おそらくボクの「お嫁さんにしたい芸能人BEST3」

南野陽子・原田知世・菊池桃子で永遠に変わることは

ないであろう。











話がいきなり逸れてしまった(汗










コンデジを買い換えました。




デジタルカメラは

①マジ撮り用(主にディズニーや旅行)としてミラーレスのNikon1 V1

②ちょっとお出かけ用(主に普段持ち)としてRICOH GX200

③自転車で出かける用としてCanon IXY 220IS

と用途に合わせて使い分けているのですが、②③がそろそろ

古くなってきました。

GX200は2008年発売、IXY220ISは2009年発売。




IXYはコンパクトさでサイクリング時に非常に使い勝手が良く、

防塵・防滴でもないのに、そのまんまジャージのバックポケットに

4年以上突っ込んでるにも関わらず壊れない。(←ココ重要www)

写真もブログにUPするだけなので画質もいまだ満足レベル。




GX200もまだまだ現役で十分使えるのですが、AFの遅さがネック。

後継機を狙っていたのですが、どうも出る予定もなく、ボクにとって

残念な事になっていました。

そこで、コンパクトさ・RAW撮影可能・AFスピードを条件に

物色していたのですが(もちろん価格も)、ついにそれを満たす

カメラが登場し、価格が落ち着くのを待ってポチった次第です。









Main_13


FUJIFILM  XQ1

富士フィルムのハイエンド「Xシリーズ」の末端を担うコンデジ。

普段の持ち歩きサイズとして200gは十分な範囲。

AFスピードも満足行くレベル。RAW撮影ももちろん可能。

それに加えて2/3インチのコンデジでは大きめセンサーと

しかもローパスレス仕様。お値段もまずまず。

バッテリーだけがネックでしたが、まぁ予備持てばいいし、

200枚くらい撮れればそもそも予備が必要な場面少ないしね。


CanonのPowerShot S120とSONYのRX100シリーズも迷いましたが、

大きさや価格も含めたトータルバランスで比較した結果、これに

決定しました。












で、amazonさんでポチり、先週の金曜日に到着いたしました。






















しかし、到着した翌日にはボクの手を離れ、

遥か遠く、宮城の修理サービスセンターに

お出かけしております・・・orz










先週末の出来事。



XQ1到着   _/\○_   ε=\_○ノ イヤッホーゥ!

  

開  梱

  ↓

充  電

  ↓

設  定

  ↓

不具合確認 orz

  ↓

カスタマーセンター問い合わせ

  ↓

梱包・発送

  ↓

修理サービスセンター
  ← 今ここ。






という状態ですwww








不具合というのは、


Xq1_2


この「DISP/BACK」ボタン。


モニター表示を変更したり、設定・メニュー画面などから

撮影に復帰したりするために必要なボタンです。


このボタンの反応が異常に悪い。

ボクの押し方が悪いのか、4~5回押してようやく反応する程度。





しかし、それだけならボクの操作テクの問題もあるだろうから

しばらく使い続けるのもアリだと思った。












しかし、押して反応したかと思ったら、






















動画撮影が始まるのだ。











動画ボタンは右上の赤色ボタンのハズだ。





設定画面から復帰しようとすると動画が撮影されるんだぞ。

モニターの表示変更しようと思ったら動画が撮影されるんだぞ。






どう考えてもオカシイだろう。





というワケで、カスタマーサポートに問い合わせ、

いきなり修理センター送りとなったのでございます。















トーンダウンしながらも、素晴らしいなと思ったのは

サポートの対応。




問い合わせをしたのは土曜日の17時30分過ぎ。

もちろん、問い合わせ時間は終了後。

とりあえずホームページから問い合わせフォーマットを利用。




ま、回答は週明けだろうと思っていた矢先、









わずか15分後に返事が返ってきた。









で、謝罪と共に明らかにオカシイから修理センターに送って

欲しいとの依頼があったのでございます。


この迅速な対応には正直驚いた。



イヤ、もしかしたら

「さーて、今日も終わった終わった。」とPCをシャットダウン

しようかと思った時に「なんで来るんだよっ!」と怒りながら

返信をくれたのかもしれんが、とにかくこの迅速すぎると

言っても過言ではない対応はありがたいと思った。



































さすが、CMに南野陽子を

起用していただけのコトはある。



0





修理対応の日数もあり、まだ戻ってきてないので

早計かもしれないが、もしかしたら富士フイルムの

カスタマーサポートは神対応なのかもしれない、

と思った出来事でした。









ただ撮影枚数わずか1枚。もちろん落下も衝撃与えも無い。

カメラに触った時間はおそらく延べ20分くらいだろう。

正直新品と交換してくれたっていいんじゃね?と思わないでもないw

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

【6月15日計画】 どっちにしようか、悩みちう。

週間天気では雨は降らなさそうなんでね、

美濃に走りにいきますよ。






でも、2つのコースで悩みちう。




もともとの予定は、




これ。






こっちでもいいかな?とも思い始めてる。




ま、ちょっと考える。





どちらにしても、


P1000335

美濃市観光ふれあい広場駐車場

AM8:00 START予定
っす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

【予告】あしたのために(その1)=美濃W渓谷=

えー、Mt.富士ヒルクライムに忘れ物をしてしまいました。
































来年、取りに行かなくてはなりません。







Mt.富士が終わったらポタリングメインにするんだっ!

なんて思ってましたが、忘れ物をした以上、

そんな悠長なコトは言ってられない。





焦って追い込みすぎるコトはしませんが、

暑さとセミに滅法弱いボクは

7月後半~9月前半あたりは早朝練習(仕事前の平坦25km)

くらいしか外で乗らない(たぶん)



ので、それまではちょっと頑張ってみます。

ただし、それなりに美味しそうなご飯をセットにしてねw












とゆーワケで、





あしたのために(その1)=美濃W渓谷=




もっかい片知渓谷を上ってきます。


もし、減量とトレーニングがうまくいけば、10月に開催の

「美濃ふくべヒルクライム」にチャレンジするのもいいのかな?

とか思う今日この頃w






ただ、それだけじゃつまんないので、絶景と名高い場所へ。

「川浦渓谷(かおれけいこく、と読むそうです)」に行ってみます。





で、その近くでお昼ご飯に蕎麦を食べて帰ってきます。

「蕪山亭」
とゆーところを予定。







一応今回はこんなルートにしましたが、郡上八幡へも行って

みたいので、そんなルートは「あしたのために(その2)」で。

ま、蕎麦好きなんで美濃方面はいいですね。









梅雨時なんで、日程はテキトーにwww


6月15日(日)・21日(土)・22日(日)のどれか。

早い順に天気の良い日を選んで。

美濃市ふれあい観光広場をAM8:00にスタート予定。

(もちょっと早いかも?)













忘れ物は、自分で直接取りに行かなくちゃね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

ボクは、おだてられなくても坂を上るのだ。(Mt.富士ヒルクライム)

Mt.富士ヒルクライムに参加してまいりましたです。




最高の天気に恵まれました。

3



4



Photo







タイムは最高じゃありません。。。orz


単に努力不足。



























年齢カテゴリーが1つ上がる来年。




































ボクはまだまだヤレるハズだ。




と、信じることにする。
















さぁ、新しい1年が始まる。








































今回の大会で1番ツラかったのは、



2


くぬぎ平駐車場までの帰りの坂でしたw


来年は違う駐車場でお願いしますです m(_ _)m

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »