« 2016年1月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年2月

2016年2月14日 (日)

さぁ、どんどんしまっちゃうからね。

2月11日(祝)。

次回企画ライドのための試走をちょっぴり。

Img_0932_01_2

Img_0942_01_2

お天気は最高だったけれど、ルートはイマイチ。。。orz


先人たちに思いを馳せながら、旧伊勢街道を通って伊勢神宮まで

行くライドを考えてましたが、どうにも旧伊勢街道が「狭いけど車が

少ないワケじゃない」とか「分かりにくい」とか「特に風情がある

ワケじゃない」とか、まぁイマイチだったワケです。。。

結局、いろいろ気を遣うことがあり過ぎて途中でドロップアウトwww


ちょっとルート再考します。








で、

Img_0976_01

近鉄「津駅」から輪行で帰宅。




実はワタクシ、ロードバイクでは初めての輪行。

DAHONでは何回かやったことあったんだけどさ。。。



写真見て分かる人もいると思いますが、この輪行袋、

4年以上も前に買った「あさひ」のオリジナル。

ロゴが現在の「POCHITT(ポチット)」じゃない時点でもうね。。。

でも、今回初めて開封して使用www

練習なしでしたが、まぁ20分ほどで詰め詰め完了しました。



Img_0978_01

でもね、

やっぱ前後輪外しても、ヨコ置きはデカい!


Img_0981_01


(※車掌さんに許可を得て車いすスペースに置かせていただいてます。)


今回は空いているであろう時間を狙っていましたので、他の乗客の

皆様にご迷惑をおかけするような事態にはなりませんでしたが、

混雑時(ハナから混んでる電車には載せませんが)には、やはり少しでも

省スペースの輪行袋がいいよね。









ってコトで、「あさひ」の輪行袋はたった1回でドナドナ。。。



Img_0984_01

TIOGAのタテ置き輪行袋を購入しました。


なぜTIOGAか? → 1番安かったからwww




で、さっそく雨の昨日、練習してみました。


こっからは備忘録も兼ねて。




まずは開封。

Img_0988_1_01

いろいろ入ってますが、ブレーキ固定ベルトは使わんな。

で、フレーム&ホイール固定ベルトも使い勝手が悪そうなので

代用品を100均で調達。

Img_0983_01

その名も「べんりーベルト」。2本で100円(税別)

まぁ、ゴム素材のベルトにマジックテープが付いてるやつです。

コレの方が絶対に使い勝手がいいと思うし、実際にそうでした。


と、

Img_0987_01

タテ置きには必須の「エンド金具」

クイックはホイールの物を使いますので、ここにはありません。





では、自転車をどんどん詰めちゃいましょう!




Img_0989_01

輪行の時は、ロード初号機「COLNAGO CLX」です。

なぜCLXか? → S-WORKSはマット塗装で傷がイキやすいので。


まずは分解。

Img_0995_01

スプロケにはカバーをね。

で、リアのクイックはエンド金具で使うので外します。



これを、

Img_1002_1_01

こーゆー具合にまとめます。

Img_0997_01

①のバンド固定はダウンチューブと前後輪。

ね、ゴムバンドとマジックテープのが断然ラクチンwww

Img_0996_01

②のバンド固定はトップチューブ&ハンドルと前後輪に回して。

Img_0998_01

③のバンド固定はシートステーと前後輪。

Img_1000_01

エンド金具はこんな感じ。チェーンステーと水平になるよう取付。

チェーンをエンド金具に引っ掛けて、だるんだるんにならないように

しましたが、まぁこれはどっちでもいいのかな?


で、

Img_1002_01

こうなったところに、

Img_1003_01

輪行袋をうりゃっ!と被せる。

TIOGAさんのは、ヨコ置きの状態で被せて立てます。これが便利。

Img_1004_01

よっと起こして、グレーの布部分(右側)にあるチャックを閉める。

ボクのバイクは余裕でしたが、TIOGAのこの袋はグレー部分が

ストレッチ素材になっているので、デカいバイクや多少強引に

入れた場合でも、よっぽど閉まると思います。

で、チェーンステーとステムに肩掛けベルトをかけて完成。



写真を撮りながらだったので30分くらいかかりましたが、普通に

やれば15~20分くらいでできるかな?慣れればもっと早い?




うん、これで心おきなく

輪行ができるってもんだwww


月末あたりに伊勢神宮リベンジやってやるぜ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年10月 »